本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍


ランナーズ2018年8月号

サムネイル:ランナーズ2018年8月号

2018年06月22日発売
定価:780円

特集
意志さえあれば必ずできる! 言い訳無用のサブフォー宣言
特別企画
夏こそ、朝ラン
連載拡大版
挑戦「金 哲彦の半生」

特集ページ:意志さえあれば必ずできる!<br />言い訳無用のサブフォー宣言

意志さえあれば必ずできる!
言い訳無用のサブフォー宣言

「強風の中で30km走」「走行距離を増やせない分、1km全力走」
「走らない日は必ず筋トレ」「食べ過ぎた翌日は必ず走る」等、
サブフォーランナーには確かな〝意志〟があった!

特集ページ:夏こそ、朝ラン!!

夏こそ、朝ラン!!

「暑いのが苦手で、夏は練習量が減ってしまう」という経験、ありませんか?
しかしランナーズの指導者たちは「朝を活用すれば、夏ほど効率的に強くなれる季節はない」と力説します!

特集ページ:挑戦「金 哲彦の半生」

挑戦「金 哲彦の半生」

箱根駅伝5区で連続区間賞を獲得した後、姓を木下から金に変えて活動。
ニッポンランナーズ設立後にガンを克服してサブスリー。金さんが人生の転機を綴りました。

特別企画

  • マラソン467回完走・大沼さんが撮った自慢の大会写真
    大会はやっぱり楽しい

    全国各地のフルマラソンに出場している大沼慎也さんが、カメラで切り取った大会の魅力。
    今からエントリーできる国内フルマラソン一覧も掲載。

  • 世界のすごい大会、ロンドンマラソン
    チャリティ総額、何と約92 億2500万円!

    世界屈指の人気大会・ロンドンマラソンの誕生秘話を紹介します。

  • 寝ても覚めても全日本マラソンランキング

    疲労骨折しても毎朝15km走る、1年に1つ新しい筋トレを追加、毎週30km走etc……。
    全日本マラソンランキング上位のランナーたちの情熱とトレーニングの工夫を紹介。

  • トレイルラン世界選手権

    元箱根駅伝ランナーが、世界の12位に。

  • 全日本マラソンランキングタイム別順位早見表

    自分のタイムを年齢別に当てはめて、将来の目標を立てる楽しみも!

  • 炎天下の100kmを1106人が完走「柴又100K」

    最高気温28℃となったレースの模様を紹介。初100kmを完走したTeamR2の森下理沙さん(22歳)の手記も掲載。

連載

今月の川内家
母、美加さんが長男優輝へ送るエール

短期連載 富士登山競走新常識
残り1カ月でできるマル秘完走マニュアル

今年こそトレイルを走る!
200段以上の石段を昇った「ごほうび」は
三浦半島を一望できる景色(神奈川県・横須賀)
写真/小野口健太

走る仲間のひろば
「ダッシュ用の階段を自宅に新設」「チワワで筋トレ」など
今月もユニークな投稿が続々!

日本を走ろう
「東平安名崎」(沖縄県)
写真/小野口健太

ランニング人生の楽園
収穫までの作業は「マラソンに似ている」
鈴木一郎さん(栃木・65歳)

TOPRUNNER の週間健康「ランニング」日記
「女将」の一日は白樺湖の〝トコトコラン〟から始まる
矢島佳代子さん(59歳)
白樺リゾート「池の平ホテル&リゾーツ」女将

マイトレーニング
レース3 週間前の50km走で距離に対する恐怖感を払拭
青木 純さん(千葉県・31歳)

ウルトラニッポン
胃がないウルトラランナーは言う「もりもり食べることが大切です」
国井健三さん(埼玉・62歳)
取材・文/植松二郎

マラソンの行方
実業団の苦労人が語った「マラソン発祥の地を走ってみたい」
文/武田 薫(スポーツライター)

恩師への手紙
田中飛鳥選手(福岡マラソン大会記録保持者)→赤星敏典先生
「走れないのは全て自分のせい」の言葉、(当時は)正直納得できませんでした

高校陸上部訪問「希望の星」
「自律」を掲げる県内随一の進学校
駅伝で関東大会出場が必須目標
群馬県立高崎高等学校(群馬県)

藤原 新「マラソンランナーとして生きる」
5年に及ぶ「ハムストリングス痛との戦い」

ニッポン全国 俺の坂
「三重県民の森」へ向かう2.3km、残り0.5kmは乗馬クラブ横目に激坂へ
山下和紀さん(三重県・47歳)

科学と走るランニング
シニアランナーの「運動神経」は若者と同じ(?)
文/渡邊航平(中京大学准教授)

在シドニー雑誌編集長・千葉征徳の
オーストラリアラン自慢!

オーストラリアの女子マラソンランキング48位は、日本人

もっともっとスクワット
週2回の腕組みスクワットで50歳、「サブスリー」復活
大湯 忠彦さん(愛知県・50歳)

バックナンバーを見る

ランナーズバックナンバー

  • サムネイル:ランナーズ2018年9月号

    2018年9月号

    【特集】
    苦しい手前の快適走で効果あり
    速くなるには、スピード走が絶対大切!

  • サムネイル:ランナーズ2018年8月号

    2018年8月号

    【特集】
    意志さえあれば必ずできる! 言い訳無用のサブフォー宣言

  • サムネイル:ランナーズ2018年7月号

    2018年7月号

    【連載拡大版】
    川内優輝、ボストンマラソン優勝(今月の川内家)

  • サムネイル:ランナーズ2018年6月号

    2018年6月号

    【特集】
    何が起きてもポジティブ思考!! それがランナー流「脳トレ」

  • サムネイル:ランナーズ2018年5月号

    2018年5月号

    【特集】
    速くなるには、坂道が近道

一覧へ

  • MCC
  • ランフォト
  • 2017ランナー世論調査
  • RUNNET TRAIL
  • 世界のマラソン情報 ツアー情報 海外マラソンガイド
  • TeamR2
  • お得情報満載!メールマガジン
  • ランナーズポイントRUNPO(ランポ)
  • RUNNET GLOBAL
  • facebook
  • twitter
  • BSI