本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

雑誌・書籍

ランナーズ最新号

ランナーズ2017年9月号

サムネイル:ランナーズ2017年9月号

2017年07月22日発売
定価780円

特集
走る女はホントに美しい!!
TeamR2登場。
特集
瀧花さんはナゼ
ひざ痛になってしまったのか?
特別企画
誌上ランニングラボ 特別編
激坂実験隊

特集

走る女はホントに美しい!!
TeamR2登場。

特集ページ:走る女はホントに美しい!!<br> TeamR2登場。

ランニング親善大使、TeamR2。「つくばマラソン優勝」
「フル自己ベスト2時間39分4秒」「移動ランを日課に
している走るアナウンサー」など10人のメンバーの
「走る女はホントに美しい」を披露します。

特別企画

  • 【特別企画】6日間で713km走る稲垣寿美恵さん(51歳)の故障予防
    足首「ぐるぐる」、
    脚「くるくるとんとん」

    どこでもできて、とっても簡単。
    超長距離の女王・稲垣寿美恵さんが実践する
    身体の歪みを「リセット」する方法です。

  • 【特別企画】脱・腹痛症候群

    多くのランナーがレース中に味わったことのある「腹痛」。
    箱根駅伝4年連続区間賞の大塚正美さんが自身の対策を語ります。
    ドクターランナーによる痛み別の対策紹介も。

  • 【特別企画】ひと工夫すれば「質も量も」一石二鳥!
    真夏のランナーどう走る?

    「走ら(れ)ない」言い訳を探せばキリが無い、
    アツ~い夏。今回は趣向を凝らしたイベントや、
    そこに集う参加者たちの力を借りながら「夏を楽し
    く走って、乗り切る」方法をご紹介。今年の夏は、
    楽しく走りながら「質と量」を求めてみませんか?

  • 【隔月連載】東京五輪からTOKYOへ

    取材・文/北村弘一(毎日新聞編集委員)
    第1回「1964年東京五輪 君原健二さん」
    2020年東京五輪へ向けて、かつてのマラソン五輪代表が
    自身の経験と後輩への期待を語る連載が隔月で始まります。

  • 【好評連載】寝ても覚めてもサブスリー
    座談会 in 「太田走友会」

    根本会長の「54歳で初サブスリー」を支えたのは、
    仲間のサブスリーランナーたちからの
    アドバイスとサポートでした。

  • 【トピックス】第32回サロマ湖100kmウルトラマラソン

    男子総合優勝 板垣辰矢さん(29歳)世界記録まであと45秒
    女子総合優勝 加納由理さん(38歳)初の100kmチャレンジ

  • 【レースレポート】

    《日光100㎞ウルトラマラソン(第1回大会)》
    夏のぜいたくラン旅行!?
    《隠岐の島ウルトラマラソン》
    「人情の島」に揺れる大漁旗
    《ゴールドコーストマラソン》
    さわやかな気候と日・英語の応援が
    ランナーを後押し
    《美ヶ原トレイルラン》
    荒天、コース変更で主催者はひと苦労
    一方、参加者はトレランの魅力を再確認

月刊ランナーズ「動画で学ぶランニング」

月刊ランナーズ「動画で学ぶランニング」

市民ランナーのフォーム改善とぽっこり腹を凹ますちょこ筋トレ!

コーチが市民ランナーのランニングフォーム改善のアドバイス。さらに、本誌連載「ちょこ筋トレでぽっこり腹を凹ます!」のエクササイズを動画で紹介。本誌では紹介しきれないトレーニング方法を見ることができます!

おすすめ 書籍・DVD