本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランナーズ賞

1993 RUNNERS AWARD 第6回ランナーズ賞

1993年 第6回ランナーズ賞受賞者

受賞者

杉本博敬さん

1918年4月生まれ。働き盛りの46歳の時、網脈絡膜疾患のため失明(全盲)。視覚障害者にありがちな運動不足、栄養過多などから糖尿病に悩まされる。医師からスポーツを勧められ、60歳でランニングを始める。盲人にとってのランニングの効用を体感し、1984年に「すべての盲人がマラソンによって豊かな生活ができること」を究極の目的として、日本盲人マラソン協会を設立した。神奈川県南足柄市在住。

杉本博敬さん

日比野敏行さん

1938年3月生まれ。日比野病院院長。ランニング学会理事、日医ジョガーズ連盟理事を務める。47歳の時に運動不足解消のためにジョギングを始めたのがきっかけとなり、現在は月間150~200kmを走り込み、各地の大会にも出かける。走った後の身体の変化を克明にデータ化し、ランニングがダイエットはもちろん、血圧、動脈硬化によい効果があることを、自分の身体を使って調査し、ランニング学会、臨床スポーツ医学会などで発表している。徳島市在住。

日比野敏行さん

広島壮年走ろう会

1970年3月、まだ市民ランニングが一般化されていなかったころ、山口保名誉会長を初め、14人の壮年の同志によって創設。中国地区では最も古い歴史を持つ走友会である。会の一大イベントは毎年11月下旬に行われる宮島クロスカントリーを主催すること。決して楽ではないコースにもかかわらず年々参加者が増加しているのは、会員たちによる徹底したボランティアの賜物であろう。会長は田辺良平氏。

広島壮年走ろう会

  • 2016年 第29回受賞者

  • 2015年 第28回受賞者

  • 2014年 第27回受賞者

  • 2013年 第26回受賞者

  • 2012年 第25回受賞者

  • 2011年 第24回受賞者

  • 2010年 第23回受賞者

  • 2009年 第22回受賞者

  • 2008年 第21回受賞者

  • 2007年 第20回受賞者

  • 2006年 第19回受賞者

  • 2005年 第18回受賞者

  • 2004年 第17回受賞者

  • 2003年 第16回受賞者

  • 2002年 第15回受賞者

  • 2001年 第14回受賞者

  • 2000年 第13回受賞者

  • 1999年 第12回受賞者

  • 1998年 第11回受賞者

  • 1997年 第10回受賞者

  • 1996年 第9回受賞者

  • 1995年 第8回受賞者

  • 1994年 第7回受賞者

  • 1993年 第6回受賞者

  • 1992年 第5回受賞者

  • 1991年 第4回受賞者

  • 1990年 第3回受賞者

  • 1989年 第2回受賞者

  • 1988年 第1回受賞者

    • ご家族・お仲間情報を事前に登録 メンバーリストはこちら