本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツのすべてにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

ランナーズ賞

1988 RUNNERS AWARD 第1回ランナーズ賞

1988年 第1回ランナーズ賞受賞者

受賞者

財津源吉さん

1896年生まれ。喜寿(77歳)から始めた散歩が米寿のころには10kmまで走れるようになり、その時から参加したすべてのランニング大会の自己の成績を記録として残した。1981年にはホノルルマラソンにも参加。国内外併せて300余大会を完走。健康を維持しつつランニングを続け、克明に記録を残す、市民ランナーの手本のような活躍ぶりが評価された。享年93歳。

財津源吉さん

日本体力医学会持久走大会同好会

日本体力医学会は、国民の健康増進やスポーツ選手の競技力向上を目的に、運動と体力の医学的な基礎を研究している。年1回、国体開催県で体力医学会総会を開催し、研究発表を行うとともに、学会誌「体力医学」を毎年発行している。室内での研究だけでなく、会員自らが被験者となり、学会の最終日には 5000m走を実施、そのデータから生体に及ぼす影響についての研究を積み重ねている。委員長は石河利寛氏。

日本体力医学会持久走大会同好会

熊本走ろう会

1972年1月に発足。ランニングとは記録を競うことであり、ジョギングなどという言葉のなかった当時、中高年者の健康維持増進のため、「健康マラソン」を提唱、さまざまな活動を展開、実践してきた。熊本走ろう会が創設した「天草パールラインマラソン」は全国の健康マラソン大会の手本になった。走ることと健康を結びつけ、ランニングの普及に多大に貢献している。会長は加地正隆氏。

熊本走ろう会

ランナーズ賞とは

  • 2016年 第29回受賞者

  • 2015年 第28回受賞者

  • 2014年 第27回受賞者

  • 2013年 第26回受賞者

  • 2012年 第25回受賞者

  • 2011年 第24回受賞者

  • 2010年 第23回受賞者

  • 2009年 第22回受賞者

  • 2008年 第21回受賞者

  • 2007年 第20回受賞者

  • 2006年 第19回受賞者

  • 2005年 第18回受賞者

  • 2004年 第17回受賞者

  • 2003年 第16回受賞者

  • 2002年 第15回受賞者

  • 2001年 第14回受賞者

  • 2000年 第13回受賞者

  • 1999年 第12回受賞者

  • 1998年 第11回受賞者

  • 1997年 第10回受賞者

  • 1996年 第9回受賞者

  • 1995年 第8回受賞者

  • 1994年 第7回受賞者

  • 1993年 第6回受賞者

  • 1992年 第5回受賞者

  • 1991年 第4回受賞者

  • 1990年 第3回受賞者

  • 1989年 第2回受賞者

  • 1988年 第1回受賞者

    • ご家族・お仲間情報を事前に登録 メンバーリストはこちら